第7回MOE絵本屋さん大賞2014 受賞作一覧

絵本のことならおまかせのMOEが、全国の1900人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施、その年に最も支持された絵本30冊を決定!
第11位
ベルナルさんのぼうし
いまいあやの/作
BL出版 本体1500円+税

くまのベルナルさんのぼうしに、キツツキが穴を開けて住みつきました。他の鳥も真似をしていつしかぼうしは鳥だらけ。気難しいベルナルさんも、楽しい気持ちになりますが……。
第12位
絵本 いのちをいただく
みいちゃんがお肉になる日
坂本義喜/原案 内田美智子/作
魚戸おさむとゆかいななかまたち/絵
講談社 本体1400円+税

坂本さんの仕事は食肉用の牛の解体。ある日、1頭の牛にあやまる女の子を見かけます。解体されるのは彼女となかよく育った牛。他の命をいただいて生きる、その事実を見つめて。
第13位
おえかきしりとり
新井洋行・鈴木のりたけ・高畠那生・よしながこうたく/作
講談社 本体1400円+税

4人の絵本作家が絵だけで続けるしりとり、スタート! 個性とひねりにあふれる絵を追うだけでも面白いのに、舞台はいつしか宇宙まで、そして思わぬ大ピンチ! さて結末は!?
第14位
ぼくからみると
高木仁三郎/文 片山健/絵
のら書店 本体1400円+税

夏の緑の中のひょうたん池。釣りをする少年が見る景色、池の中で釣り餌を見る魚、舞い降りるとんびが見ているもの。視点の違いで、静寂の中にいくつもの物語が浮かんでくる。
第15位
ミスターワッフル!
デイヴィッド・ウィーズナー/作
BL出版 本体1600円+税

ご主人がどんなおもちゃを買ってきても、見向きもしない黒猫のワッフル。でもある日、とても気になるものを見つけました。その小さな円盤には、地球外の言葉を話す生き物が?
第16位
しろうさぎとりんごの木
石井睦美/作 酒井駒子/絵
文溪堂 本体1500円+税

りんごのジャムをはじめて食べたしろうさぎ。明日になったら庭のりんごの木まで出かけようと、心に決めます。小さな子どもの、胸いっぱいの驚きと喜び、幸せにあふれた物語。
第17位
ちきばんにゃー
きくちちき/作
学研教育出版 本体1300円+税

「ちきばん ちきばん ちきばんたいの こうしんよ」。かえるも鳥も、うさぎも馬も、草むらも海も構わず行こう! 本からあふれそうな絵と行進のリズムで、身も心ものびやかに。
第18位
なにからできているでしょーか?
大森裕子/作
白泉社 本体1000円+税

おにぎりやハンバーガー、なにからできている? 全部バラバラにしてみたら、こんなにたくさんのものでできていました! じゃあ「ぼくらはなにからできているでしょーか?」。
第19位
ヒワとゾウガメ
安東みきえ/作 ミロコマチコ/絵
佼成出版社 本体1300円+税

その長寿ゆえに孤独なゾウガメ。そのゾウガメのために、海の向こうのゾウという生き物を確かめてくると飛び立ったヒワ。ようやく戻ってきたヒワを見たとき、ゾウガメは————。
第20位
こけしのゆめ
チャンキー松本/作 いぬんこ/絵
学研教育出版 本体1400円+税

土産物屋の窓辺に立つ、こけしの姉妹のしけことこけみ。退屈なんてとんでもない、「ゆめをみさせてコケケけろ」と唱えては、道行く人たちの夢をのぞいて喜んでいましたが?

こどもMOE最新号

付録1:絵本「じかんだよー!」 付録2:絵本「はたらくくるまのずかん」 付録3:ノラネコぐんだん ハロウィンフォトプロップス★セット

Books

詳しくはこちら

たべてみたい!

第3回MOE創作絵本グランプリ受賞、いしいひろし待望の絵本最新刊!

みてみて おかあさん

おねえちゃんになった女の子の気持ちを描いた、LEEさんとみやこしあきこさんの初コラボ絵本。

こまった こぐま こまった こりす

かこさとしさんの1980年代の傑作絵本が、装いを新たに登場!